コロナ渦中のバディカフェの現状
 2021年7月末 updated

 やっと航空便も再開し、一度輸入することができ、安堵した矢先のことですが、再びこの春に新型コロナウィルス感染症拡大が深刻化し、ネパールのカトマンズ(バディ族の女性たちが村から救出した子ども達を養育しているゴスペルホームがある街)は再びロックダウンとなりました。それに伴いバディ族からの輸入業がまた完全にストップとなりました。

 

<コーヒー豆について>

1)2021年2月末にバディカフェはフェアトレード先(バディ族の女性が営む有限会社 Badi Sustain Multipurpose) からの仕入れたるコーヒー豆は現在は在庫切れとなりました。これからしばらくはすでに日本にある上質のヒマラヤン・コーヒーの生豆を入荷し、焙煎して皆様にご提供させて頂きます。

<その他の商品について>

1)2021年2月末にネパールより入荷したドライフルーツの3種類(リンゴ、パイナップル、キウイ)はもうすぐ在庫切れとなります。

2)Badi Cafe 定番の焼き菓子”マドレーヌ”は新しく生まれ変わりました。詳細はShopのページからご覧ください、

3)Badi ハニーが在庫切れとなってしまいました。輸入再開までお待ちください。

 

ネパール、カトマンズのロックダウンが解除されるまでしばらくこの状態が続き、皆様にはご迷惑をおかけし申し訳ございませんが、どうぞご理解とご了承お願い致します。

 

<今、できることを。今しかできないことを。>

 

Badi Cafe 専用製菓製造所が完成しました。詳細はAbout Usのページをご覧ください。

今だから意味があることを、今でしかできないことをこれからも有)Badi Sustain Multipurpose のパートナーとして奮闘して参ります。皆様、どうぞこれからも変わらぬ応援を引き続きよろしくお願い申し上げます。

新型コロナウイルスの終息を心から祈りつつ。

 

 

バディカフェ代表理事 ウィリアムズ ゆり